イメージ画像

そのときの体調、気分でヨガを選んでいます

40歳女性、職業は今は専業主婦をしています。
はじめてヨガをしたのは15年以上前です。

始めたころは、まだスポーツクラブで“簡単ヨガ”や“ストレッチヨガ”等初心者向けのレッスンの一つでしかありませんでした。

アシュタンガヨガが好き。体の内側から浄化される感じで楽しい

はじめは、“ヨガ”という名前を聞いた時は、宗教?お祈り?インド?お香?等のイメージがありました。
しかし、初めに体験したのが“簡単ヨガ”でしたので、簡単なポーズをゆっくりしていくのでストレッチよりも楽でした。
だんだん、スポーツクラブの中でも、いろいろな種類のヨガがレッスンに入ってきました。

“アシュタンガヨガ”、“ハタヨガ”、“パワーヨガ”。それぞれやることは違うのですが、とてもダイナミックで、かるくエアロビクスをしたくらい汗をかき、体力を使います。

そのなかでも、私がとてもはまったのが、“アシュタンガヨガ”です。
アシュタンガヨガは、太陽礼拝と呼ばれ、決まったポーズを呼吸と動きを連動させて順番通りにインストラクターの声にあわせて行っていきます。
そのなかで、力をいれるので呼吸を止めてしまいがちですが、呼吸をすることによって、より体のなかから伸びていき、連動した動きをすることで、集中力を高めて体の内部から浄化されていくのを感じていきます。 だんだんこの、連動した動きに慣れていくと、自然と呼吸もついていきます。

パワーヨガというのも、同じように太陽礼拝を基本に、順番にインストラクターの声に合わせてポーズを展開していきます。

ホットヨガをしていると汗の種類が変わってくるの実感

私自身が、スポーツクラブのヨガでは物足りなくなってしまい(週に時間が限られ、数回しかないため)ヨガスタジオを探しました。
そこで行ったのが、“スタジオヨギー”です。 ヨガだけではなく、ピラティスなどもあります。

全国にありますが、どこのスタジオも、解放感がありながら広すぎず、狭すぎず、人がいっぱいいない中でヨガをするのでとても集中できます。 インストラクターの方もとても集中できる声で、進めてくれます。

基本的にスタジオヨギーに来ている方は、スポーツクラブでヨガをしている人に比べて、私のように本当に心からヨガに向かいたい人ばかりなので、その共感した中でやる集中している中にある楽しさ、あの人のように上手になりたいとおもう憧れが出てきます。そこでだんだん上達していくような気がします。

スタジオヨギーは予約制なので、行きたいときに満員でとれないこともあるので週に1から2回くらいの割合で行っていました。

服装ですが、スポーツクラブでは他の運動(マシンジム)等もするので、ふつうのスポーツウェアでヨガもしていました。
ほかの方も、ヨガウエアを着ている人はいませんでした。

スタジオヨギーでは、私を含めてみなさん上から下まで、ヨガウェアでそろえていました。
上はカップ付のキャミソール、下はレギンスタイプを着て、オフショルダー風のTシャツを着ています。

時々変わったヨガといえば、ホットヨガ、岩盤ヨガです。
こちらは、高温多湿の中ヨガをしていきます。
ふつうのヨガでも汗をかきますが、ホットヨガの場合、尋常じゃないくらいの汗が出てきます。その分1レッスン(約60分)で1リットル以上の水を飲むように指示されます。

大量の汗をかきますが、初めのうちはいつものべったりとした汗がでてくるのですが、だんだんと汗の種類が変わっていくのがわかります。 人にもよるのかもしれませんが、さらっとしたさわやかな汗に変わっていきます。とても不思議です。

一度このホットヨガにはまると、この大量の汗がながしたくなりまたやりたくなります。これも不思議です。

妊娠中にはマタニティヨガ教室にも通いました。おなかの赤ちゃんと対話するようにヨガをしているようで、妊娠中の鬱になりそうな時もヨガですっきりしました。

どのヨガも、体験してみることが大事です。
どこのスタジオも体験レッスンはしているのでやってみるといいと思います。
私自身もいろいろなヨガスタジオに体験にいき、自分に合うところを見つけました。

その時の、体調、気分でこれからもヨガを楽しんでいきたいです。

PAGE TOP