イメージ画像

ホットヨガとヨガどこが違う?

ヘルスケアはもちろん、ダイエットとして人気が高いヨガですが、その呼吸法や体の動かし方などでたくさんの種類に分かれます。その中でも特に芸能人や著名人をきっかけに人気が爆発したのが「ホットヨガ」です。

ホットヨガは一般的なヨガと何が違うのでしょうか?ヨガの歴史やそれぞれの効果の違いをみていきましょう。

4000年以上の歴史があるヨガ

ヨガはインドで生まれた修行法の1つです。その発祥は4000年以上前ともいわれており、非常に長い歴史を持つことがわかります。そうした長い歴史の中で、ヨガは非常に多くの種類や流派が生まれました。

ヨガの流派は呼吸法やポーズの種類、もしくは対象とする人で大きく分かれます。最近では妊婦さんを対象としたマタニティヨガや家族で楽しむ親子ヨガなどもあり、バリエーションが豊富なのも人気の秘密と言えますね。

「ゆっくりした動き+暑い部屋」がホットヨガ

ホットヨガは、様々なヨガのルーツとも言われる「ハタヨガ」を部分的に取り入れています。そのためホットヨガの動きは非常にゆっくりとした動きがメインで、難易度もそれほど高くありません。

そしてホットヨガの最大の秘密は、室温を3840度、湿度を5565%という非常に暑い室内環境で行うところにあります。他のヨガよりも体が温まりやすく、大量にかく汗と水分補給、そして温まった体は代謝のアップをどんどん促してくれます。これによって脂肪燃焼効果も高まる他、体にたまった老廃物を効率的に排出してくれるようになるのです。

ホットヨガにはこんなデメリットも

そんなホットヨガですが、室温や湿度が高い中で運動をするためはじめのうちはかなりハードに感じるかもしれません。

またヨガと違い、ホットヨガは専用の部屋がないと行えません。近場にホットヨガができるスタジオがない人にとっては、なかなか通いづらいというのもデメリットと言えます。

ヨガとホットヨガはどちらがいい?

ホットヨガはヨガと同じ動きを取るため、どちらも筋肉量のアップによるダイエット効果や健康促進効果があることは変わりません。ですがホットヨガは独特の環境で行うことで、より高いダイエット効果やむくみの解消、体のデトックス効果などを体感できるでしょう。

一方でヨガもそうした一面は持ちつつも、覚えれば自宅のちょっとしたスペースでも気軽に行えるというメリットがあります。またヨガの呼吸法は気持ちを落ち着かせるのにも最適なため、自室でリラックスしたい時にはとても有効です。

それぞれのメリットを比較した上で、自分の目的にあったヨガを選んでみてください。

初心者にも安心なホットヨガのすすめ

ホットヨガは専用のスタジオがないと実施が難しいと書きましたが、言い換えるとそこには必ずヨガのインストラクターさんがいるということでもあります。普段目にすることがなかなかない様々なポーズを取るヨガは、独学でやってしまうとかえってケガにつながる危険もあるでしょう。

もしもこれからヨガを始めようと考えている人は、まずはフィットネスジムやスタジオで実践しているホットヨガからスタートするのをおすすめします。

PAGE TOP