イメージ画像

産後にヨガがおすすめな理由

妊娠して太る?

妊娠・出産は、いつの時代もとても素晴らしいことです。しかし、妊娠を機に「太ってしまった」「体型が崩れてしまった」など、女性にとって悩ましいこともたくさんあります。

特に妊娠中は赤ちゃんの分以上に体重が増えてしまい、お医者さんに注意されてしまった、などという経験を持つ方も多いでしょう。妊娠中はお腹の赤ちゃんを守るために体が脂肪を蓄えようとしてしまい、どうしても太りやすいのです。食欲も増しますから、さらに太りやすくなります。

産後、増えた脂肪や、妊娠前と変わってしまった体型に頭を悩ませる女性が多いのです。

産後にヨガが良い理由

妊婦向けのマタニティヨガは以前からありましたが、最近では産後の女性向けのヨガクラスも増えてきています。妊娠によって変わってしまった体を元に戻したいママ達に非常に人気があります。

なぜ、ヨガが産後の体に良いのでしょうか?

理由は大きく二つあります。一つは「脂肪を減らし、体型を元通りにすることができること」、もう一つは「骨盤底筋群を鍛えることができること」です。

前述のように、妊娠中は脂肪がつきやすい状態です。しかし妊娠によって蓄えられた脂肪は、実は「流動性脂肪」です。これは、体に定着していない、「落ちやすい脂肪」です。つまり少し運動するなど努力すれば、すぐに落とせる脂肪なのです。

産後しばらくは激しい運動を避けた方が良いですが、ヨガは緩やかな動きでありながら体を鍛えることができます。そのため、妊娠中についた脂肪をとるのに有効な手段と言えるでしょう。また、くびれがなくなってしまったなどの体型の悩みについても、有効です。ヨガではお腹をねじるポーズや二の腕をひねるポーズなど、シェイプアップに効果的なポーズがたくさんあります。むりのない範囲でやっていけば、体型のリカバリーも早くなるでしょう。

そして、「骨盤底筋群を鍛える」効果も注目すべきです。骨盤底筋群は上半身のふたをする役割を果たしていますが、女性ホルモンとも深い関係があります。出産では、この骨盤底筋群はかなりのダメージを受けます。骨盤低筋群のダメージをそのままにしておくと、産後の尿漏れといったトラブルが治りづらかったり、第二子、第三子と次の子を妊娠した時、赤ちゃんが下がりやすく早産につながりやすいといったことが考えられます。ヨガ、特に「産後ヨガ」と呼ばれるクラスでは、この骨盤底筋群を鍛える動きはかなり多く取り入れられています。出産によってダメージを受けた筋群を鍛えることで、トラブルの予防・改善が期待できます。

産後ヨガの注意点

以上のように、産後ヨガには効果が期待できますが、参加する上で注意点があります。

まず、産後は最低でも一ヶ月間はヨガをやることは辞めておきましょう。出産直後の体のダメージは想像以上と考えた方が良いです。特に産後一ヶ月は家事などもできるだけ避けて、運動することよりも横になって休むことを優先しましょう。一ヶ月検診が終わり、必ず医師の許可を得てからヨガをやるようにしましょう。帝王切開の場合は、もう少し安静期間が長いかもしれません。

また、お風呂の前後は避けましょう。入浴も医師と相談しながらの再開となりますが、それだけ入浴というのは体への負荷も大きいのです。ヨガをやる時も負担のかかる入浴の前後は避けた方が良いでしょう。また、食事の前後も避けた方が良いでしょう。これは一般的なヨガの場合もそうですが、特に食後すぐの運動は消化の妨げにもなりかねませんので、避けた方が無難です。

また、赤ちゃんのお世話で忙しい時期は、無理して外出をしてヨガクラスに参加する必要はありません。最近ではDVDがついた産後ヨガの本も一般に販売されていますから、そういったものを活用してまずは自宅でやってみるのも良いでしょう。体を動かすのがつらい時は、ヨガの基本である腹式呼吸のみでも十分効果があります。(腹式呼吸は腹筋を使う呼吸であり、また長い呼吸は脂肪や糖を燃焼させるからです。)

産後は自分を十分にいたわりながら、ヨガで少しずつ体を回復させていきましょう。

PAGE TOP