イメージ画像

ホットヨガ中の水分補給について

ホットヨガを初めて経験する人は、高温多湿のお部屋に誰もが驚かされます。そしてそれ以上に、運動中にかく大量の汗にもびっくりする人が多いです。

それだけ汗をかくということは、その分しっかりと水分補給をしないと、思わぬ体のトラブルに悩まされてしまいます。そこで、ホットヨガを始める前に知っておきたい水分補給の重要性について、ご説明していきます。

ホットヨガのレッスンでは1リットルの汗をかく!?

ホットヨガではたくさんの汗をかくわけですが、実際にどのくらいの汗が一度のレッスンで出るものなの?と気になる人も多いでしょう。年齢やレッスン内容で個人差は出ますが、一般的には一度のレッスンで、なんと「1リットル」もの汗をかくと言われているんです。

それだけの量の汗をかく機会は、日常生活ではなかなかないですよね。これこそがホットヨガがダイエットや体質改善に向いている主な理由の1つなわけですが、その分しっかりと対策していないと、気づいたら脱水症状で気持ち悪くなってしまったということになりかねません。

レッスンでは必ず水分を用意するわけですが、どのくらいの量を持っていけばわからない人は、まずは1リットル程度を用意しておけばいいでしょう。

レッスン中に飲む水分のおすすめはやっぱり「水」!

レッスン中に飲む水分として適しているものはと聞かれたら、やっぱり水が一番と言えますね。コンビニや自動販売機では様々な種類が販売されていますよね。その中で特におすすめしたいのが「ミネラルウォーター」です。

ホットヨガで汗をしっかりかくことで、血液がサラサラになります。ミネラルウォーターには軟水や硬水といった違いを始め種類はたくさんありますが、自分にとって飲みやすいものを選べばいいでしょう。

運動するのだからスポーツドリンクでもいいのでは?という人もいるのですが、ドリンクないには結構多くの糖分が入っているのでおすすめしません。

その他お茶や麦茶をチョイスする人もいるのですが、これらに含まれるカフェインは利尿作用があるので、運動中にトイレに行きたくなってしまうことも考えられる。仮に選ぶとしてもノンカフェインのものにする方がいいでしょう。

ホットヨガで具合が悪くなってしまう原因はどこにある?

ホットヨガのレッスン中に体調を崩してしまう人は少なくありません。そういった方は頭痛や吐き気、めまいといった症状を感じることが多いようです。

レッスン中にそういった症状を覚えた方は、まずは十分な水分補給ができていたか、あるいは今飲んでいる水分が適切なものかを考えてみてください。

ただし、レッスン中の体調悪化は水分だけが問題ではありません。ホットヨガに限らず、ヨガではポージングと同じくらいちゃんとした呼吸が大事です。しかしインストラクターさんの動きに合わせることに集中しすぎて、呼吸がおろそかになってしまう初心者さんが結構多いんです。そうすると、体に新鮮な酸素が送れなくなってしまい、めまいなどが起きてしまうわけです。

美容や健康にいいホットヨガですが、無理をすると体調を崩してしまいます。水分補給やポーズ、呼吸といった基本を守りつつ、インストラクターさんと相談しながら無理のないやり方を模索してみましょう。

PAGE TOP