イメージ画像

ホットヨガの服装って?

サッカーや野球、そしてジムでの筋トレなどなど。なんらかの運動をする時にはそれにあった服装をしますよね?ホットヨガもそれは同じです。動きやすさや素材など、ホットヨガを楽しむための服装選びでぜひ覚えておきたいポイントをご紹介します!

血流やリンパの流れを止めるような服装はダメ!

ホットヨガのメリットは、ポージングと高温多湿の環境によって体を温め、血流やリンパの流れを良くすることにあります。そのため、アスリートなどが運動中に来ているようなしめつけの強い服装はしてはいけません!

こうした服は主に関節の保護に役立ちますが、ホットヨガはゆっくりとした動きで関節を大きく動かすので、袖が付いていたり伸びない素材の服装はかえって邪魔にになってしまうんです。

服装は「動きやすくて体のラインがみえるもの」がベスト

では、ホットヨガに最適な服装とはどんなものでしょうか。まず第一は動きやすいものです。ホットヨガでは大きく体を動かし伸ばして、様々なポージングを取ります。その時に動きの邪魔をしないゆったりしたものがいいわけです。

次に注目したいのは「体のラインがちゃんとわかるもの」ですね。ホットヨガではポージングを取る際、鏡でちゃんとした姿勢が取れているかチェックをします。その時にダボついた服を着ていると、自分の姿勢がよくわからなくなってしまうんです。

ポーズを取る際に意外に邪魔になるのがTシャツの袖。隠したい二の腕を露出するのは嫌だな...と思われるかもしれませんが汗で張り付いた袖が気になり思うようにポーズがとれません。

この2点で考えると、トップスはキャミソールやノースリーブなど腕も回しやすく、動きの邪魔にならないものがいいですね。ボトムスは、柔軟性のあるスキニーパンツやヨガウェアと呼ばれるスパッツやレギンスのようなアイテムがいいでしょう。

大量にかく汗に対応した素材を選ぼう

ホットヨガは高温多湿の部屋で行う運動です。そのため、短い時間で非常に多くの汗をかきます。そのためホットヨガ用の服装を考える時は、汗対策もしっかりと考えておきたいところです。

大事なのは「汗をしっかり吸ってくれて、かつ速乾性が高い」という点。例えば綿素材は汗を吸収すると肌にまとわりついてしまい、ポージングの邪魔になってしまいます。やはりポリエステルやメッシュといった吸水速乾生地を使ったものがおすすめです。

ちなみに、ホットヨガでかく汗の量は1時間で1リットルほどとも言われています。それだけの汗をかくと、服装の色味によっては透けてしまうなんて事態も。この点にも注意して、汗をかいても透けにくい色味を選ぶようにしましょう。

下着はスポーツブラやブラトップがおすすめ

ホットヨガに合わせた服装を選ぶ際、もう1つ考えておきたいのが「下着」です。トップスやパンツと比べて厳密にこれじゃなきゃダメ!と言った指定はないのですが、やはり運動に合わせた下着の選び方というのもあります。

例えば通常のブラをそのまま使っていると、ポージングや汗によってブラがずれてしまい、ホットヨガに集中できないという事態になりがちです。またワイヤーが入っているタイプはそれが動きの邪魔になってしまう場合があります。そうしたトラブルを防ぐのにいいのが、スポーツブラを選ぶという選択肢です。ホットヨガに限らず、運動用に作られたスポーツブラは快適にヨガを楽しむのにぴったりです。

またユニクロのCMなどでも話題になったブラトップのように、キャミソールやノースリーブにインナーブラが内蔵されているタイプもあります。こちらはより締め付け感がないのでおすすめです。

ホットヨガは他のヨガと同様に、落ち着いた気持ちで集中して取り組むことが重要です。その時に自分の動きや気持ちを邪魔しないようなウェアを選べば、めいっぱいホットヨガを楽しむことができるでしょう。

ぜひ今回の内容を参考に、お気に入りのホットヨガ用のコーディネートを探してみてくださいね。

PAGE TOP